展覧会など

「VEHICLE・のりもの」展

期間:5月22日(火)~27日(日)

時間:12時~19時(最終日17時まで)

場所:ギャラリー華音留

   東京都文京区根津2-22-4

参加作家:

水野行雄・松本忠・かとうけんいち・梅川紀美子・近藤明・斎部洋子・Hodaka

 

 7名の作家が参加する企画展です。「のりもの」といっても様々。旅をしたり夢を運ぶ乗り物もあれば、戦う乗り物もあります。今回の展覧会は、ご覧いただく方の思い出と想いを馳せる場になりそうです。乗り物をドンと描いたメカニックな展覧会ではなく、情景を抱えた乗り物の展覧会になると思います。

案内状は私のデザインですが、乗って向かう感じの心象風景をコラージュで表現しました。駅名標には「思い出を発見したら駅員にお知らせください」と加えました。宛名面には「心を運んで」と入れました、「旅に出よう」では無く。

 

私の展示作品はまだ悩み中です。クラシック車を入れて描いた絵で構成する方向性を考えつつも、「桜花」を展示する方向性も考えて悩んでいます。戦艦絵、プラモデル箱絵としても有名な水野行雄氏は、各所で展示なさる際に会場に赴かれて様々な人に戦艦の詳細や歴史を語っておられます。それは鎮魂の行動でもあると私は感じるところです。見習えば私も「桜花」を再び出したほうがいいのか・・・でもあまり重くなるのは辛い。やはり、車を並べるか、しかし鉄道風景の松本忠氏も居られるので電車もいいなー♪と段々と乙女的な優柔不断に陥っております。

(;´・ω・)

 

この展覧会は、水野行雄氏の戦艦原画を間近で生で筆跡まで見られる滅多に無いチャンスでもあります。案内状の画像は「金剛」でしょうか、プラモデルファンには生唾モノです。戦争を頭から外すと戦艦や戦闘機の形は傑作です。私も楽しみにしています。

このギャラリーはハーブティ、お茶、お酒、おつまみ等ご注文もできますので、思い出話もお時間かけていただけます。ぜひお運びくださいませ。

 

情報サイトに掲載されました

pixivisionさんの「閉ざされた非日常感。エレベーターのイラスト特集」に私の絵「時のコバンザメ」がピックアップされました。

 

この絵は時間の経過をテーマに描いたものです。自分にとっては果てしなく長く感じる年月も、人にとっては一瞬のことだよね、という感じの絵です。

時を操るコバンザメが魔法をかけて、長い時間を一瞬に変えたのかも知れませんネ♪

 

掲載ページはこちら

その他の予定

(詳細は会期近くに追記します)

☆5月7日(月)~12日(土)

「ANIMAL PLANET」展

場所:銀座ステージワン

動物の作品展に参加します。大自然の動物や絶滅した生き物など、生命感溢れる展示になると思います。

まだ決定ではないのですが、昨年12月に大阪で展示した作品も東京でも展示できるといいなと考えています。

 

☆7月下旬

「谷根千水族館」

場所:ギャラリー華音留(東京・文京区根津)

夏を彩る作品展に、2018年も参加します。

 

☆8月3日(金)~5日(日)

「京都水族館」

場所:祇園小舎(京都・祇園)

こちらも昨年に続き、参加します。

 

以降、クリスマス展参加まで色々と予定が入っています。2018年もどうぞヨロシクお願いします。

下記の展覧会は終了しました。

ご来場ありがとうございました。

☆「絶滅動物展」Extinct Animals

☆「谷根千X'masファンタジー2017」

☆華音留「猫ちゃんのドルチェ」5人展

☆ゑいじう「IFNカレンダーと原画・版画展」

☆銀座ギャラリー1「銀座Autumn Festa」

☆Gallery SPOON「Deep sea Creatures」

☆京都祇園「京都・水族館」

☆華音留企画展「谷根千水族館」

☆個展「雨あがりのスタッカート」

☆わたしのマチオモイ帖展

「ゆうちょマチオモイカレンダー」2017関東東海版3月に掲載。

☆the Amphibian(両生類作品展)

☆The20th Blue Moon Special Exhibition

情報は梅川紀美子ブログにも記しています。

(2016年10月31日開始のブログ)